• @うえでぃんぐとは
  • キャンペーン&ニュース
  • フェア
  • ご利用の流れ
  • 提携会場
  • アドバイザー
  • お客様の声
  • フォトギャラリー
  • カウンセリング予約

ブログ

ブログ

2017.04.08.Sat

アイディアchodai♡~リングピロー編~・・今回のブログは一味違う。≪おまけ付≫

みなさんは、『 リングピロー 』 をご存知ですか!?

『 リングピロー 』とは・・挙式セレモニーの際に、指輪の交換を行うまで

大事なおふたりの結婚指輪を置いておくクッションのことです。

 

欧米の結婚式では、昔からリングベアラー(日本では、リングボーイ/リングガールと言われている)がリングピローを持って、入場します。

リングベアラーがいない場合は、指輪交換の際に牧師さんがリングピローを差し出してくれるので、

どちらの場合でも必要不可欠なウエディングアイテムです💍

 

 

 0061

 

そしてリングピローは、手芸屋さんで手作りキッドをGetできたり、難易度もそこまで

高くないので手作りにチャレンジしやすいウエディングアイテムでもあります😊

 

ですが、もーっと簡単に作れて尚且つおしゃれなリングピローに代わるアイテムを知りたい!という方に、今回は『 リングブック 』をご紹介したいと思います。

 

 

 リングブック

 

“ ブック ”といっても、ここで使用する本は“ 洋書 ”です。

洋書と言われても、普段意識していないせいか書店であまり見かけませんよね?

最近インテリアアイテムとしても注目されているので、ネットでの販売価格は少し高めです・・

が、私はBOOK OFFで入手しました。価格も100円~300円とリーズナブル💰

 

<必要なもの>

 

・洋書

・カッター

・えんぴつ(切り抜きのしるしを描く用)

・ペン(文字を書く用)

 

 

<作り方>

 

①   切り抜きたい大きさ・形の印をえんぴつで描きます

   (写真のリングブックは四角<3cm>ですが、ハートやおふたりの好きな形で

   作ってみてください)

②   お好みの深さまで切り抜きます。

   (写真のリングブックの深さは、100ページ分切り抜きました)

③   誓いのことばと日付、お名前などをお好きなペンで書いて完成です🌟

 

 

また、どのページをリングブックにするかもひとつのこだわりポイント💓

例えば、12月3日がお付き合い記念日の場合、本の“123ページ”を

リングブックにしたり・・と細かいところまでこだわるのも良いかと思います☺

ぜひ手作りにチャレンジしてみてください✌

 

 

 ≪ 番外編~OMAKE~ ≫ 

 

 

リングピローの代わりに使うリングブックももちろんおすすめですが、

『プロポーズ』にも持ってこいのアイテムなんです!

 

~※ここからは、私独自の妄想ストーリーをお楽しみください。~

 

ある休日・・・

 

彼  :「最近、洋書にハマり出したんだよね~。」

   「何でこんな素晴らしいものに今まで気づかなかったんだろう・・。」

 

彼女:「え?!洋書?!洋書って英語で書かれてる本のことだよね?洋酒じゃなくて?」

 

彼  :「そうだよ?英語の本だよ?」

 

彼女:「いつからそんなの読んでたの?その前に、読めるの?」

 

彼  :「持ってるだけでもオシャレでしょ♪(笑)」

     「まあ、見てごらんよ♪」

 

彼女:「パラパラパラ・・(ページをめくる音)」

   「どんな物語なの?私英語苦手なんだよね・・。」

 

彼  :「いいから、めくってみて」

 

彼女:「パラパラパラ・・(ページをめくる音)」

 

 リングブック画像1

リングブック画像2

 

 

 

彼女:「・・え。涙」

 

彼  :「結婚してください。」

 

という流れは、いかがでしょうか??

少々回りくどいプロポーズかもしれませんが、サプライズ感はありますよね?

それにリングブックをわざわざ手作りしてくれて、自分のコトバでメッセージも書いてくれたら、女性は嬉しいものです💕

定番中の定番!パカっとリングケースを開けて行うプロポーズがお好きな女性が大半かもしれませんが、ちょっと変わったプロポーズをしたいという方には、ぜひチャレンジしていただきたいです😄🌟

 

~妄想ストーリーにお付き合いくださり、ありがとうございました。~

2017.04.05.Wed

芸能人に人気のヒミツ ~忙しいおふたりにはリゾートウエディングがおすすめ♪~

 

ここ数年で、さらに注目が集まっている 『 リゾートウエディング 』

芸能人の中でも、2013年に小栗旬さんと山田優さんがとってもおしゃれな

リゾートウエディングをされたことから、さらに需要がグンと伸びました👆👆

昔から、芸能人といえば『リゾートウエディング』が多いイメージですが、

なぜリゾートウエディングが選ばれるのでしょうか。

そんな芸能人に人気のヒミツをご紹介したいと思います😍💕

 

shutterstock_338837681

 

・ プライベート感を楽しめる

 日本では、マスコミがスクープを手に入れようと時には自宅周辺まで来ていたり

 街中で気づかれないようにマスクや帽子を被って歩いたりと、プライベートでも

 常に周りを気にしながらの毎日・・・

 海外であれば当然ですが、日本ほど日本人が居るわけではないので、

 街中で騒がれることなく、ゆったりとした時間を過ごせるのだと思います。

 

 

・ おしゃれウエディングが叶う

 華やかな世界で活躍されているからこそ、日常を上回る空間で

 特別な日を迎えたい!と思うものです。

 それは、結婚式に憧れる誰もが思う事💓

 例えば、海外独特の空気感だったり、街中にある看板が英語表記だったり、もちろん

 すれ違う方も外国人ばかり・・など日本では味わえないロケーションで素敵な写真が

  残せるという「特別感」をぜひ皆さまにも体感していただけたらと思います♪

 

 

そしてもっとも選ばれる理由がコチラ!

 

『とにかく準備がラク!』

日頃、お仕事が忙しいおふたりには、リゾートウエディングがおすすめです😚✨

リゾートウエディングは、結婚式の打合せにプラスして旅行のプランも

立てなければならないので、大変なのでは?!と考える方も多いと思いますが、

国内ウエディングに比べて打合せ内容や量が少なく済むことをご存知ですか!?

 

ウエディングドレスやタキシード、ブーケ、アルバムなどウエディングアイテム選びは

国内ウエディングと同様に、リゾートウエディングの場合でも打合せが必要です。

(アフターパーティーを行う場合は、料理や飲み物の打合せも必要になります)

しかし、国内ウエディングのように披露宴の進行内容を一から考えたり、ゲストにかかわるアイテム(引出物や引菓子、ペーパーアイテムなど)を選んだり、作成する必要がありません👍✨

 

なぜ必要ないかというと、

“リゾート”という地から『特別感』や『非日常』は既に完成しているので、あとは

おふたりが居て、おふたりの大切なゲストが居て、チャペルがあればチャペル、チャペルが無ければビーチで結婚式を楽しむ!その他の部分は手を加えずとも、素敵な結婚式になるからです🌟

結婚式の進行や演出を楽しむ!というより、空間や時間を楽しむ!と言ったところでしょうか。

 

shutterstock_290324549

 

 

その他にも、『リゾートウエディング』のおすすめポイントは沢山あります。

そこで、あなたの好みや願望、こんな結婚式にしたいな♡と思う項目をチェックしてみてください。

 

3つ以上チェックが付いたあなたには、リゾートウエディングがぴったりかも💕?!

 

□ 海や空が好き!

□ 英語は得意じゃないけど、海外は好き!

□ 結婚式は見せ物みたいだから、あまり・・。という恥ずかしがり屋さん!

□ 海外に一度も行ったことがない・・から!行ってみたい!!

□ 本当にお祝いしてくれる親しい人たちだけを招待したい!

□ 海外旅行がメインだけれど、オプション間隔で結婚式ができるのであればしたい・・♡

□ 会社関係のゲストやあまり関わりのない親族に気を使いたくない。

□ 両親を海外旅行に連れて行ってあげたい!

□ ウエディングドレスを2回着たい!(海外でも国内でも)

□ ハネムーンで最上級の思い出を作りたい!

 

 

今が決断の時です!

普段お仕事が忙しい方こそ、『結婚』というタイミングに長期休暇をとって

大切な方とリゾートウエディングで一生の思い出を作ってみてはいかがでしょうか☆彡

 

 

≪ 最後に・・ ≫

 

リゾートウエディングの場合、旅費(交通費や宿泊費)、お祝い金はどうすればいいの?と

皆さんが悩まれる壁のひとつだと思います。

 

◇ 友人・親戚が参加の場合、①お祝いはもらわず旅費は実費にて参加してもらう または

              ②お祝いはもらわず旅費の一部や半額をおふたりが負担する

友人を招待するのであれば、《宿泊・航空券がセットになっているツアー》のものをチョイスして、実際の金額を提示し、参加できるかどうか返事をもらう。

①のケースが多いが、招待者が少なくおふたりが負担できるようであれば、②のケースでも

良いかと思います。申込みはおふたりがゲストの皆さま分代行すると、個々に手配してもらう必要もなくスムーズです。

 

◆ 両親は、出来ればおふたりが負担したほうがいい。

実際金額的に難しいようであれば、両親にお願いし負担してもらえるか相談しましょう。

とはいえ、両親も結婚式や海外旅行をとても楽しみにしていると思いますので、

自分たちで出すよ!という方が多い傾向にあります。

 

 

ABOUT US

@うえでぃんぐは、
「結婚式場を探している」、「結婚式について悩んでいる」・・・
そんなおふたりのトータルサポートアドバイザー。
大切なのは、“結婚式場を決める事”ではなく、結婚式を経て、
おふたりの今後の人生がより一層輝くこと。
そのためには、今なにをするべきなのか・・
どうやって、結婚式を進めていくべきなのか・・
不安なこと、わからないこと、なんでもご相談ください。
結婚をもっとハッピーに、おふたりの輝く人生が今始まります。
2015年12月 ららぽーと立川立飛にグランドオープン

LINE@で相談する!!